電話の相手はどんな人間?

接客をするにはまず、電話でのアポが必要です。
電話は得意先以外、初めての会話のため相手がどんな人間かどんな風貌でどんな性格か分かりません。
物事をこなしていくため常に緊張していては精神的に病んできますし思わぬ失敗をしてしまいます。
かといって常に適当にやっていては良くありません。
相手の人間性を少しでも見抜いて対応することで接客対応にメリハリを付けましょう。


電話の相手はどんな人間か?を区分すると

怒りっぽい人・温和な人・心配性な人・時間にうるさい人・いい加減な人・偉そうな人・優しい人。
電話の時に判断し行動パターンを変える必要があります。
電話の会話が

「何時に来るのか」は怒りっぽい・時間にうるさい・偉そうな人。
「お世話になっております。本日お見えになられるのでしょうか?」は温和な・優しいい人。
「何時に来られる予定ですか」は心配症・温和な人。
「来られる時間は伺っております」は時間にうるさい人。
「担当者は不在ですが伺っております」は会社がしっかりと教育されている。電話では判断出来ない。
「担当者は不在ですので詳細は分からない」は適当な状態。




相手から時間や場所など指定される場合・教育されていると思う会社の対応は時間厳守での対応。
担当者不在は相手の人間性が不明の為ねんのために時間厳守での対応。
「近日中にお越しください。・来店お待ちしております。」は調整出来る接客予定で対応。
常に緊張して気を引き締めて接客対応することは難しい。
休憩も必要です。
電話での対応で相手の性格を見極めよう。
e
posted by hiro | 京都 ☁ | Comment(0) | TrackBack(0) | 仕事の悩み困りごと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。